ペーパーのドライバーのための出張講習

ペーパードライバーの人が運転を始める場合に便利なものとして、出張講習の利用があります。出張講習では、設けられている一通りのカリキュラムを受けることで日常的な運転ができるようになり、個々による違いはあるものの、一般的に教習側では、かかっても4~5時間程度を提示しています。出張講習のメリットは、教習所に出向く必要がない点があり、予約に沿って行われるために時間を気にする必要がありません。実際の運転では、ペーパードライバー専門のインストラクターが同乗するために安心でき、ここでは、説明とともに初歩的な質問にも丁寧に答えてもらうことができます。また、使用する車も外見からは教習車に見えないこともメリットの1つになり、より実戦に近い形で練習をすることができます。

講習に設けられている内容について

講習は業者によって運転コースは異なるものの、一般的な内容に関しては、ほぼ同一のものが設けられています。最初にヒアリングと基礎の習得が行われ、車の使い方などのヒアリング後に、シートの正しい合わせ方やハンドルの操作方法など、基本操作の再確認と教習専用車の装備についての説明を受けます。実際の走行に関しては、第一段階として基本操作があります。ここでは、自宅周辺等を練習走行しながら、スムーズなハンドルやブレーキの操作の確認、状況判断や安全確認などのワンポイントレッスンを受けます。次に、市街地走行に移り、幹線道路を運転しながら、日常に必要なドライビングスキルを学習することになります。他にも、車庫入れと縦列駐車の練習があり、業者によっては、ガソリンスタンドの使用方法や、近くに高速道路があれば高速走行の講習を設けているところもあります。

利用する場合に知っておきたいこと

ペーパードライバーの出張講習を利用する場合には、事前に確認が必要な内容があり、まず、講習自体があります。概ね、一般的な内容は同じとなるものの、コースによっては自分が希望しているものが含まれていないケースもあり、申込前に具体的に確認をすることが大切です。次に、利用方法があります。講習は予約に沿って行われますが、申込方法も含めて、いつまで予約をいれればよいのかなど把握をしておくことが必要になります。利用で把握しておきたい内容では、大切なものとしてインストラクターの質とトラブルへの対処があります。多くの業者は同乗インストラクターとして指導員等の有資格者を配備していますが、中には、単なる補助員を充てているケースもあり、どのような人が同乗するのか確認をしておく必要があります。トラブルに関しては、人的、物的、違反などが該当し、万が一遭遇してしまった場合、どのような対処がなされるのか確認が必要になり、しっかりとした内容を設けている業者に申込むことが大切になります。